8人制にインサイドハーフ型の「1-3-1-2-1」はどうか?アトレティコU-11が実践した考えるサッカー

2018年07月18日

育成を考える

8人制サッカーに移行してから7年が経過した。フォーメーションに目を向けてみると日本の8人制サッカーでは主にゴールキーパーから「1-3-3-1」「1-2-4-1」「1-3-2-2」が主流になっている。だが、スペインの強豪アトレティコ・マドリーの下部組織(U-11)は6月下旬に開催された「2018 COPA BELLMARE」でインサイドハーフ型の「1-3-1-2-1」を採用していた。このフォーメーションにどんな意図があるのだろうか。

取材・文●中澤捺生 写真●佐藤博之


20180624繧ウ繝上z繝倥y繝ォ0918

アトレティコが採用した「1-3-1-2-1」

 6月23日(土)、24日(日)に馬入ふれあい公園サッカー場(神奈川県平塚市)にて「2018 COPA BELLMARE U-11 PILOT INTERNATIONAL TOURNAMENT」が開催された。海外クラブからはパルメイラス(ブラジル)、アトレティコ・マドリー(スペイン)、ジングォン ジュニア FC(韓国)の3チームが同大会に参加した。

 なかでもスペインの強豪アトレティコ・マドリー(以下、アトレティコ)のフォーメーションは衝撃的だった。なぜか。日本の8人制サッカーではほとんどのクラブが「1-3-3-1」や「1-2-4-1」という布陣を敷いているのに対し、アトレティコは「1-3-1-2-1」を採用していたからである。これまで、ジュニア年代の多くの試合を見てきたが、このフォーメーションを組んでいるチームを見たのは初めてだった。

 中盤はアンカー1人+インサイドハーフ2人という構成。アンカーの選手がディフェンスラインに下りてビルドアップに参加したり、インサイドハーフの2人がサイドに流れて流動的に移動したりと、ポジションに拘らずに自ら考えてプレーをしていた。

 なぜ「1-3-1-2-1」というフォーメーションを採用したのか。アトレティコのハビエル・ペニャス・ドニャ監督に簡単に話を伺うことができたので、読んで頂きたい。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

Tokusyu7SP

Twitter Facebook

チームリンク