「バーモントカップ 第28回全日本U-12フットサル選手権大会」で輝いた5人の選手たち/ジュニサカMIP

2018年08月21日

バーモントカップ 第28回全日本U-12フットサル選手権大会

FCパーシモン(神奈川県)

10番 矢越 幹都くん


DSC_0024

フィクソの位置でFCパーシモンの攻撃を操っていました。ボールを奪われない技術はもちろんのこと、サッカーの基本である「止める・蹴る」の技術が他の選手よりも優れていました。矢越くんも「攻撃のリズムが良くなるように状況に応じて意図的にパスを出す早さを変えていました」と話します。インテリジェンスが非常に高い選手でした。

【選手のコメント】
8人制のサッカーでは、主に中盤でプレーしています。ジュネッス戦は2点奪って、気の緩みがでてしまいました。それが、逆転負けしたことにつながったと思います。目標としていた日本一には届かなかったけど切り替えて、まだ大きな大会があるので、そこで優勝したいです。自分の長所はパスの精度とか、ドリブルでカットインしたり、強烈なシュートです。参考にしている選手はメッシ(バルセロナ)です。ドリブルのタッチとかシュートはYoutubeで見てサッカーのプレーに生かしています。フットサルの全国大会は負けてしまったので、冬にあるサッカーの全国大会では絶対に優勝したいです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

育成全体のオーガナイズ

Twitter Facebook

チームリンク