「ジュニアでは5対5でプレーするのもまだ大きい」。考える力は”2対2″から鍛える【8月特集】

2018年08月24日

育成/環境

_ASI1404のコピー

個人戦術が用語化されているのでお互いの共通理解が深まる。

――サッカーとフットサルの考え方の違いが具体的なワードとして出てきました。フットサルの個人戦術では最小単位が2対2なのでしょうか? 日本サッカーではみんなが『最小単位を1対1だ』と言っています。個人的には、『だからどの状況に置いてもドリブル』を選ぶ自分勝手なプレー思考が生まれるのかなと感じています。

須賀氏「フットサル全体がそう捉えているかどうかはわかりませんが、フウガドールすみだとしては最小単位を2対2に設けています」

――それは須賀さんが最小単位を2対2と考えたのか、どこからか学んだのかどちらですか?

須賀氏「学びましたね。自分自身が技術の低い選手だけど、正直フットサルは上手にプレーできると思うんです。要するに、技術の割りにはよくプレーできているということです。ある意味、技術がうまくなくてもフットサルはプレーできるんだという象徴的な選手だ、と(笑)。技術が低いのでトラップミスやパスミスはしますが、ピッチの中できちんと振る舞えないことは基本的にありません。だから、私の場合は修正すべきは技術的なエラーなんです。フットサルを始めた頃はそんなことを全く考えもしませんでしたが、フットサルの現役としてプレーしながら『なんで下手なのか』と考える時に行き着くところが全部自分のことでした。

 ボールを持って何で抜けないんだ?
 何でシュートをうまく打てないんだ?
 何でパスミスをしてしまうんだ?

 でも、そういう場面で他の選択肢があることに気づいたことで、先ほど言ったドリブルも一つの選択肢として行っているだけだと思えたんです。ただ中のコースを切ってきた相手に対して外に向けてパスをするのかシュートを打つのか。その選手を抜き切ってドリブルでゴリゴリと前に進むことではなく、ドリブルを封鎖しに来ているんだったら外に選択肢を作っていない選手が悪い。

 何でパスをもらうような位置に動いてくれないの? 

 そういう意思表示をすればいいだけなんです。縦を切っているならボール二個分相手を中にズラすだけでシュートを打てるし、外にパス出してもいいわけです。ある意味、オン・ザ・ボールの部分で必要以上にテクニックを磨いた経験がなくても十分にフットサルというスポーツは楽しむことができるんです。それは2対2という最小単位の感覚を持てた瞬間からです。選手としてプレーしている時にこのことに気づけたらもっと楽しめたかなと、今では思います」

――フットサルでは具体的な個人戦術があるんですか?

須賀氏「日本で使われている個人戦術はスペインから来ているものが多いです。ポルトガル語が使われているものは、ブラジルから来ているものも多いようです。バスケットボールからインスパイアされたような言葉が普通にフットサルで使われていることもあります。

 例えば、フットサルの個人戦術は基本的に2人組をユニットとして考えられていてパラレラ、ディアゴナール、ワンツー、ブロック、ブロックに近い動きですがボール守備者とボール保持者の間を通るカーテン、ボールを運んだタイミングでそのまま裏を取るバなどがあり、状況によってこれらも組み合わせます。

 他にもボールと同サイドに受け行くふりをして逆側に動き直すバックドアがあり、それをピヴォのバックドア、サイドのアラが行うバックドアなどポジションによっても使い分けます。この意味は『相手がこっちが正しいなと開けたドアに対して逆側のドアを開ける』ということです。簡単に言えば、裏口みたいなことです。

 フットサルでは個人戦術も用語化されているので、子どもたちが今自分の行ったプレーが何の動きかをちゃんと言葉として理解することでプラスに働いていることが多いです。『あのパラレラのシーンなんだけどさ、もう一つ早いタイミングでパスを出してほしいんだけどさ』と一言で共通理解が生まれます。でも、もしパラレラを知らないと『あのスペースにさ、ちょっとボールを置いてくれたあのシーンあるじゃん』とパラレラを説明するのに長い前置きをするから、どのシーンかをお互いが思い出すのが難しい。使われている用語が良いか悪いかというよりも言語化されていることで、私たち指導者にとっても楽なことが多いです」

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

ゲームモデル

Twitter Facebook

チームリンク