「個人ありき」ではチームは機能しない。U-12年代までに教えるべき守備戦術の指導法

2018年08月30日

サッカー練習メニュー

守備戦術を理解するための小学生向けのトレーニング

 守備戦術を理解するための小学生向けのトレーニングメニューを紹介します。

4vs4

■4対4(GKアリ)ゲーム

目的:守備におけるオフ・ザ・ボールとオン・ザ・ボールの1vs1のプレーを学ぶ
戦術コンセプト:マーク・予測・インターセプト
方法:ゾーンを4つに区切ってそれぞれ1人ずつが各ゾーンでプレー。
ノルマ:各フィールドプレーヤーは自分のゾーンから出てはならない。
スペース:フットサルコート(20m×40m)

■オフ・ザ・ボールの場合
・ボールと相手を同一視して背後を取られないポジショニングを取る
・ボールをもらおうとしている選手がどこで、どのタイミングでパスを受けようとしているか予測することを試みる
・ボール保持者の姿勢や目線を見て ボールが配給される場所とタイミングを予測する

■オン・ザ・ボールの場合
・相手選手の足元にボールが配球された時には振り向かせないように距離を詰める
・コントロールして足からボールが離れたところでも奪うチャンスはあるので狙う
・もしも前を向かれてしまった時には利き足でない方へ誘導し有利に1vs1を進められるように攻撃を誘導する
・シュートを打たれる時はシュートコースに足を出す。ボールへ向けて出すのではない
・1vs1においては心理的なプレッシャーを与えることも重要であるので、相手が慌てるようなプレーを見せることも必要


坪井健太郎(つぼい けんたろう) CEエウロパユース第二監督

1982年、静岡県生まれ。静岡学園卒業後、指導者の道へ進む。安芸FCや清水エスパルスの普及部で指導経験を積み、2008年にスペインへ渡る。バルセロナのCEエウロパやUEコルネジャで育成年代のカテゴリーでコーチを務め、2012年には『PreSoccerTeam』を創設し、マネージャーとしてグローバルなサッカー指導 者の育成を目的にバルセロナへのサッカー指導者留学プログラムを展開中。また、森亮太氏と共著で『誰にでもわかる サッカー説明書 ~スペインサッカーを日本語に具現化~』を電子書籍出版。著書に『サッカー 新しい攻撃の教科書』『サッカー 新しい守備の教科書』(小社刊)がある。


■最新号は「守備」特集!


jrs50_表紙入校data_20180823-001

【商品名】『ジュニアサッカーを応援しよう! VOL.50
【価格】1,320 円(税込)
【発売日】9月6日(木)

【特集1】5つの視点から学ぶ 12歳までの『守備戦術』
◇元日本代表センターバックに聞く守備の極意●岩政大樹
◇ジュニア年代でおさえるべき守備の原理原則●松田浩
◇ドイツでは守備戦術をどう教えるのか?●中野吉之伴
◇中村航輔選手を輩出した柏レイソルのGK育成論●井上敬太(柏レイソルGKコーチ)
◇チームの守備は等間隔を意識する●西宮サッカースクール(兵庫)

【特集2】サッカーがうまくなる ジュニア年代のカラダづくり
◇日本代表コーチが教える「コンディショニングの基礎知識」●早川直樹
◇日本代表・武藤嘉紀選手も実践!可動性&安定性トレーニング●寺田拓司
◇横浜FCチームドクターに聞く!ジュニア年代に起こりやすいスポーツ傷害への対応●佐藤秀樹
◇脊柱と股関節の可動性を高めるヒグトレ●樋口敦


新しい攻撃

【商品名】サッカー新しい攻撃の教科書
【価格】1,728円(税込)
【著者】坪井健太郎
【構成】小澤一郎

戦術大国スペインから学ぶ“攻撃”の最新メソッド!「カウンターアタック」と「組織的攻撃」2つの攻撃戦術を正確に理解する!!

スペインで体系化された理論をもとに、現地スペインで指導をする坪井健太郎氏が、原理原則からトレーニングの応用方法までわかりやすく解説。多様化した戦術を構成する攻撃の原理原則を深く知ることが、日本サッカーを大きく変える!

<本書はこんな方にオススメ!!>
●論理的にサッカーを理解できるようになりたい。
●自分の指導しているチームで攻撃のパフォーマンスを引き上げたい。
●選手としてもっと上手くなりたい。


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

ゲームモデル

Twitter Facebook

チームリンク