育成年代で「普遍的な戦術」を教えなければ、新しい環境に順応できなくなる

2019年03月08日

育成を考える

DSC_0250
【2008年にスペインへ渡った坪井氏は、CEエウロパユース(スペインユース1部)で第二監督を務める傍ら、日本の指導者育成に取り組んでいる】

原則的にやってはいけないプレー

倉本 そういう意味で日本人選手は「こういう取られ方したらやばい」みたいな認識が低いのかもしれない。
 
 よくあるのは、サイドハーフの人にボールをつける場面。サイドハーフの選手が相手DFを背負っているのに、ボールをつけたサイドバックがそのままオーバーラップする。
 
 サイドハーフの選手としては「いや、パスコースないじゃん」って。でも行った後に、あーってなってしまう。そもそも相手を背負っている場合は、簡単につけない方がいいだろうし、さらに上がったらダメでしょう。やってはいけないプレーをやってしまうことが多い。日本の指導者は原則的にやってはいけないプレーに対しては何も言わない傾向がありますね。
 
 むしろオンのときのコーチングになっていますね。「お前簡単に取られんなよ!」と。そもそもボールを出しちゃダメだし、ゴーしたらダメなんだよ。やってはいけないプレーがはっきり指導されていないんだと思う。これをやったらヤバいと。やるべきプレーは選べないけど、やってはいけないプレーはある。やってはいけないプレーの基準がはっきりしてないのかなと思います。
 
木之下 ここはミスをしてはいけない場所だとかタイミングだとか、それを言わない指導者は多いような気がします。
 
坪井 なぜ言わない(もしくは言えない)のかというとこが大事ですよね。やってはいけないプレーを分かっていないということなのか。それとも分かっていても、言わないのか。
 
木之下 分かっていないというのが一番で、分かっていたとしても、それは「選手が気づけ」と放任しているのかもしれません。でも、それは言わなきゃいけないことなので、僕はコーチの方たちに、あの場面は絶対ミスしてはいけないところだから、と伝えるようにしています。
 
坪井 当たり前の概念が日本とスペインは違うのかもしれないね。
 
倉本 それが歴史の違いや「積み重ねてきたものの違い」という話になってしまう。でも本当はそんなもの学べばいいだけのことなんです。この世の中情報がオープンになっているんだから。隠してあるわけではないので、知った上で指導する方とより上達が早いと思います。
 
木之下 よくどうやって指導したら良いのかわからない、どういう声かけをしていいのかがわからない、とおっしゃる方がいるんですけど、これだけ海外サッカーの試合を見られる環境になってきたのだから、グアルディオラ(マンチェスター・シティ)やシメオネ(アトレティコ・マドリー)だとかトップレベルの監督たちが声を荒げているタイミングとかを見れば、内容はわからなくても、仕草を見るだけで学べることは多いと思うんです。そういう目線でもサッカーを見るともっとおもしろくなるんですけどね。
 
坪井 サッカーを見ることって大事ですね。日本だと時差や距離の関係もあるけど、見られるものは見た方がいいね。

DSC_0269
【倉本氏は2009年にスペイン上級ライセンスを日本人最年少で取得。現在はスペインと日本での経験を活かし「指導者の指導者」として優秀なコーチを育成するサポートをしている】


<プロフィール>
倉本 和昌(くらもと かずよし)

高校卒業後、プロサッカーコーチになるためにバルセロナに単身留学。5年間、幅広い育成年代のカテゴリーを指導した後、スペイン北部のビルバオへ移住。アスレティック・ビルバオの育成方法を研究しながら町クラブを指導し、2009年にスペイン上級ライセンスを日本人最年少で取得。帰国後、大宮アルディージャと湘南ベルマーレのアカデミーコーチを計8年間務めた。現在はスペインと日本での経験を活かし「指導者の指導者」として優秀なコーチを育成するサポートをしている。
 
坪井 健太郎(つぼい けんたろう) CEエウロパユース(スペインユース1部)第二監督

1982年、静岡県生まれ。静岡学園卒業後、指導者の道へ進む。安芸FCや清水エスパルスの普及部で指導経験を積み、2008年にスペインへ渡る。バルセロナのCEエウロパやUEコルネジャで育成年代のカテゴリーでコーチを務め、2012年には『PreSoccerTeam』を創設し、マネージャーとしてグローバルなサッカー指導者の育成を目的にバルセロナへのサッカー指導者留学プログラムを展開。2018年10月には指導力アップのためのオンラインコミュニティ「サッカーの新しい研究所」を開設した。著書には『サッカー 新しい攻撃の教科書』『サッカー 新しい守備の教科書』(小社刊)がある。

木之下潤(きのした じゅん) 文筆家/編集者

「出版屋」として書籍、雑誌、WEB媒体の企画から執筆まで制作全般を行う。「年代別トレーニングの教科書」「グアルディオラ総論」など多数のサッカー書籍の制作にたずさわっている。2018年から地域のサッカークラブやスクールのコンサルを行い、10年先も町に根付いた存在であるためにクラブ・指導哲学や年代別のトレーニングを指導者たちと共に言語化している。


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

Tokusyu7SP

Twitter Facebook

チームリンク