サッカーを愛することから始まる。イングランドDNAによる指導方法

2019年10月09日

育成/環境

イングランドFAは、2014年に「コーチメンタープログラム」をスタートした。地域の指導者やチームをしっかりとサポートできる人材「コーチメンター」を育成することが目的である。そのプログラムのインストラクター「サポートメンター」として250名以上の指導者やチームをサポートした実績を持つポール・ニアリー氏に取材する機会を得た。彼は、イングランドFAのコーチインストラクターとしてレベル1・2などで講師も務めている。

現在はイーストアングリア大学のサッカー事業担当長として、サッカーを通した学生の人材育成および大学の付加価値高めることに尽力しているという。イングランドFAが認めた20名ほどしかいないコーチメンターは「指導には何が大事だ」と答えるのか。この10月特集の第二弾からは、インタビューを全公開したい。

【10月特集】イングランドのサポートメンターに問う

取材・文●木之下潤 写真●佐藤博之


マンチェスター・シティの選手たち

イングランドが指導で大切にしているもの

——最初に、イングランドは何を大切に子どもたちの指導をしているのですか?

 ジュニア年代では、とにかくサッカーを愛してほしい、ボールと触れ合うのを楽しんでほしい。イギリスはそれを大切にしています。では、どうするか。それは試合に則したトレーニングを行うこと、試合を反映したトレーニングをすることです。試合に対してリアルでありながら、おもしろい練習をするということです。できるだけボールに触れさせ、コーチの指導は最小限にして選手たちが何かを発見できるトレーニング内容であることを心がけています。

 つまり、選手たちが主体性を持ったトレーニングを数多く行うということです。シナリオを設定し、自分たちで考える状況を作ること。例えば、「私たちは2対0で勝っている状況だからこういうプレーをしよう、負けている状況だからこれだけのプレーをしなければならない」と。そういう状況をリアルにイメージし、シナリオを作りながら練習メニューを組んでいます。私たちはそういう風にしています。

——現在のイングランドサッカーのDNAはどのようにできあがっていったのですか?

 現在のDNAを確立するためにドイツなどいろんな国に勉強に行き、各国のいいものを取り入れました。その中で、イギリスの選手にとって何が合っているのか、何が正しいのかを試行錯誤の中で作り上げていきました。

——試行錯誤があったわけですね。例えば、試合環境でいうと日本のジュニアはワンデイマッチが多く、選手と指導者の価値がどうしても勝ち負けに偏りすぎる傾向があります。それゆえに「アイディアを大事にすること」がないがしろにされているところがあります。イングランドでは、ジュニアの試合環境はリーグ戦が整っているんですか? そのあたりのことをうかがいたいです。

 イギリスでも勝つことが重要とされています。だから、日本と同じように勝ちにこだわるのは当然です。だけど、日本でクリエイティブな選手、チャレンジする選手が育つかといえば、それは違うかもしれないと感じています。例えば、コーチから「点を取ってこい」と指示があったとします。でも、その選手がシュートを外した直後に「どうしてそこでシュートを打つんだ」と怒ったりしたら、それは言っていることとやっていることが違うことになります。シュートを打たないと点は入らないけど、シュートを打ったからと点が入るわけではありません。そこで自分のプレー哲学、「こういうプレーをしてほしい」ということから離れてしまう指導はイギリスではしません。

 そこが日本と違うのかなという印象を持っています。

 もちろん、イギリスにも怒鳴ったり怒ったりするコーチはいますが、結局そういう指導者たちは自分の哲学から離れたことをしているわけです。チャレンジさせといて失敗したら「何をしているんだ」というのは指導哲学に一貫性がありません。そこで子どもたちがクリエイティブになるかならないかが決まっていきます。私たちはいつもチャレンジしたらその精神を褒めるようにしています。そうすると、子どもたちが「次もやろうぜ」というマインドになっていきます。イギリスにもリーグ戦やトーナメントはありますが、そういう試合環境よりどういう指導をするかのほうが大事だと思っています。

——ちなみに、イギリス全土のチームを集めるような全国大会はありますか?

 いえ、ありません。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

イングランド サッカー

Twitter Facebook

チームリンク