コラム

覚えたフェイントを試合で使わない!

2012年05月01日

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回のお悩みは「覚えたフェイントを試合で使わない!」です。

◎自宅(ピッチ外での子育ての悩み)

qicon
(質問者:小学5年生女子の保護者)

エラシコなどフェイントを教えると、一生懸命練習しますが、試合では全く使おうとしません。「フェイント覚えたんだからやればいいのに」と言うと「だって相手がボールを奪いに来るのに余裕なんてないじゃん」と抵抗してきます。
また、娘はリフティングが下手。近隣のチームでは高学年になるまでに「リフティング検定」があり、「100回」がノルマだと言う話を聞きました。東京都の女子トレセンの参加資格も「リフティング50回」だそうです。先日卒団した1学年上の先輩選手は200回以上でき、都トレセンにも選ばれたので、「リフティングを自主練したら」と勧めますが、「なんで(リフティングが)必要なのか意味がわからない」と興味がわかないようです。「だったらフェイントだって使わないなら練習する意味ないじゃん」と言い返すと黙っていました。どう接したらいいものか悩みます。

qicon
せっかく覚えたフェイントや技は
試合で使えてこそ生きる

 せっかく覚えたフェイントや技を使わないのはもったいないですね。私が指導してきた子どもたちも、ロナウジーニョなど世界の名手の技を真似てマルセイユルーレットやエラシコを見せてくれていました。でも、試合では絶対に使いません。私が「試合で使ってごらんよ」と声をかけると、この娘さんのように「試合じゃ使えないよ」と言います。私からすれば本当に不思議です。

 一方で、欧州や南米の子どもたちは、遊びの中や練習で覚えたフェイントを試合で使おうとします。でも、日本の子たちはただ仲間に「ほら、できるよ」と見せるためにやっているように見えます。なので、ジェフ時代に一緒に指導していたブラジル人コーチのジョゼなどは「君たちはプロのサッカーチームではなく、サーカスに行くの?」と言って冷やかしていました。

 若い指導者がやってみせたりするのをよく見かけますが、その人たちもぜひミニゲームなどで見せてあげるといいと思います。ヨーロッパや代表の試合を録画しておいて、選手が実際にフェイントを使った場面を見せてあげてもいいですね。
 お子さんにはぜひ「失敗してもいいからやってみてごらん」と声をかけてください。ミスするのが恥ずかしいと思っているのかもしれません。プロでもたくさんミスをします。ミスをするのがサッカー。よくコミュニケションできているようなので、そういった話をたくさんしてください。そして、ミニゲームや試合でフェイントを試そうととしていたら「よくトライしたね。いつかできるようになるよ」と挑戦したことをほめてあげましょう。

 また「なんでリフティングが必要なのかわからない」というお嬢さんの言葉を読んで、「ほう、いいね」と思わず感嘆しました。親子のやり取りはほほえましく、このように互いの考えを交換してほしいと思いました。
  セレクションの参加資格がリフティングなのは、ある程度の技術の目安なのでしょう。本人が本当にトレセンでやってみたいと思えば、そのうちやりだしますよ。

プロフィール

池上 正(いけがみ・ただし)

1956年大阪生まれ。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。02年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。同クラブ下部組織の育成コーチを務める。03年より小学校などを巡回指導する『サッカーおとどけ隊』を開始、千葉市・市原市を中心に190カ所におよぶ保育所、幼稚園、小学校、地域クラブなどで延べ40万人の子どもたちを指導した。2010年1月にジェフを退団。同年春より「NPO法人I.K.O市原アカデミー」を設立。理事長としてスクールの運営や指導、講習会、講演をこなすかたわら、大学や専門学校等で講師を務めている。2011年より京都サンガF.C.アドバイザー、12年2月より京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。08年1月に上梓した初めての著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(08年・小学館)は、11年12月現在で7万部に迫るベストセラー。11年9月には指導現場で、その実践例を大公開した『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』が発売。U-12の育成に携わる指導者や保護者には必見のDVD付き書籍となっている。

近刊情報

『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』

指導者や保護者から多くの支持を得ている『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者・池上正氏が普段からよく使う象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか、子どもとの距離のとり方……子育てやサッカー指導に悩む方々の具体的な解決策として、 “オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク