コラム

子どもたちの成長発達を知る――“ゴールデンエイジ”に重要なベース作り【後編】

2014年02月16日

サッカー選手としての能力を高めていくために、各年代でどのようなサッカースキルを身につければいいのか。後編では、年代別でのステップアップを考えていきましょう。

文●中山雅雄 写真●編集部

※『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.8春号』P044-051より転載

(前編はこちらから)


U10(プレ・ゴールデンエイジ~ゴールデンエイジ)……仲間との関わりを意識する

<発達上の特徴>

 大人から認められたいといった自己中心な考え方しかできなかったのが、社会性が身につきはじめます。仲間とのつながりを認識できるようになってくるのです。練習では仲間とのかかわりを大切にしながら、時には仲間と競い合いながら、サッカーのテクニックを磨いていくことが必要でしょう。

<どんなことを身につけるべき?>

 これ以前の年齢で、さまざまな運動経験をしておくと、サッカーにおいてのスキルアップにつながってきます。身体能力が高まり、相手との駆け引きを行うことにも、役立ってくるでしょう。

 サッカーのスキルとしては、より実戦的に、キックやボールコントロールの技術を身につけていくと良いでしょう。パスを受ける味方や、ボールを奪いに来る相手によってキックを使い分けていくために、パスの強さ・方向・タイミングを意識づける練習を取り入れたいところです。仲間や相手がいる中で、リズムの変化がある動きや、前や後ろへの巧みな動き、相手に負けないすばやい動きなども経験させてみてください。

2013全日本少年サッカー大会

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク