日本代表・吉田麻也選手が過ごした少年時代 フォワードからディフェンスへの転身

2015年01月16日

コラム

現代の日本人選手のなかでフィジカルの強さと足元の技術を持つセンターバックは貴重な存在です。そのどちらも高水準で兼ね備える吉田麻也選手の存在は今の日本代表のなかで欠かせない選手の一人にです。そこで今回は吉田麻也の原点を振り返ります。

文●元川悦子 写真●Getty Images

※『僕らがサッカーボーイズだった頃 プロサッカー選手のジュニア時代』より一部転載


世界でも通用する人間に

 江戸時代には日蘭貿易の玄関口にとなり、グラバー園や大浦天主堂などが外国に由来する観光施設が立ち並ぶ長崎市。異国情緒あふれるこの町で、88年8月に生を受けたのが、吉田麻也である。

 吉田有(あり)、昭子夫妻にはすでに長男・穂波、次男・未礼という年子の男の子がいたが、三男・麻也は長男より7つも下。歳が離れた末っ子の誕生を家族みんなが喜んだ。

 麻也という名前は、父・有さんの姉夫婦が名づけた。

 「私たち夫婦が共稼ぎだったこともあり、子どもたちは近所に住んでいた夫の姉夫婦に預けていました。麻也の名前も姉夫婦がつけてくれて、『世界でも通用する名前をつけたい』という希望で、呼びやすい『マヤ』にしたと聞いています。こうやって世界で活躍するようになってくれて、うれしい限りです」(昭子さん)

 両親が忙しかったことから、麻也少年はいろんな人の手で育てられた。毎日のように面倒を見てくれた叔父叔母の家では「赤ちゃんにベビーフードを食べさせてたらダメ。特にカルシウムをたくさん取らないといけない」という考えがあり、魚のすり身やいりこをすったものをよく食べさせてもらっていた。

 両親がそれほど大きくないのに、彼が189センチもの長身になったのは、こうした食事の影響かもしれない。

Japan v Palestine - 2015 Asian Cup

カテゴリ別新着記事

お知らせ



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク