東京都伝統のトレセン大会「TOMAS CUP」は第6ブロック選抜が優勝を飾る/決勝レポート

2018年07月02日

TOMAS CUP第34回東京都選抜少年サッカー大会

DSC_0665

取材・文・写真●中澤捺生

第6ブロック選抜が再戦を制す

 6月30日(土)、7月1日(日)に稲城市中央公園総合グラウンド・稲城長峰ヴェルディフィールド(東京都稲城市)で「TOMAS CUP第34回東京都選抜少年サッカー大会」が開催され、決勝戦で第6ブロック選抜(板橋/北/豊島)が第11ブロック選抜(町田/多摩/稲城)を3-1で下し、優勝を飾った。

「TOMAS CUP」は東京伝統のトレセン大会。1~15ブロック選抜+東京女子選抜の16チームが参加し、3ピリオド制(第1、2、3ピリオド各15分)が採用されている。

 決勝戦に駒を進めたのは第6ブロック選抜と第11ブロック選抜だった。この両チームは初日に行われた予選リーグで対戦。その時は3-3のドローに終わっている。

 15時キックオフとなった決勝戦は、強い日差しが降り注ぐなか行われた。

 試合が動いたのは第1ピリオドの9分。第6ブロック選抜がペナルティエリア左角でFKを獲得すると「いつもは、FKとかはあまり蹴らないんですけど、今回は勇気をだして、蹴りました」と7番・滝沢昴琉くん(三菱養和SC巣鴨ジュニア)が直接沈めて先制に成功する。その後も、先制点の勢いそのままに、第6ブロック選抜が多くのチャンスを作った。

 選手を総入れ換えした第2ピリオド。第6ブロック選抜は開始早々に待望の追加点を挙げる。右サイドの16番・永井康誠くん(三菱養和SC巣鴨ジュニア)がペナルティエリア内でパスを受けると飛び出してきたGKをかわし、なかに折り返す。走り込んでいた11番・関口慶次郎くん(ヴィルトゥスSC)が落ち着いてゴールに流し込みスコアを2-0とした。

 反攻したい第11ブロック選抜だったが、ディフェンスラインを高く敷く第6ブロック選抜のハイプレスに”はまり”パスを出してもすぐにボールを失ってしまう。第6ブロック選抜の指揮を執る小池一博監督はこの守備について「ディフェンスラインも待っているだけじゃなくて、コンパクトにして、ラインを高く敷くとか、8人全員が守備に関わるようにしようということは強化試合からずっと言い続けてきました」と話す。

 第6ブロック選抜2点リードで迎えた第3ピリオド。第11ブロック選抜はCKから15番・仙石力久くん(大蔵FC)のゴールで1点差に詰め寄るも「6番の小林(蹴人)くんが右サイドからシュートっぽいクロスをくれました。少しだけなかに入り遅れたけど上手く合わせることができてよかったです」とゴールを許した数分後に7番・滝沢くんがこの日2点目のゴール挙げる。結局、第6ブロック選抜が大会2度目となった試合を制し 、2015年大会以来となる優勝を飾った。

DSC_0670

<ジュニサカMOM>
第6ブロック選抜の7番・滝沢くん(三菱養和SC巣鴨ジュニア)。第11ブロック選抜との決勝戦ではFKによる先制ゴールとだめ押しとなる3点目をマーク。小池監督は「彼のことは養和の試合でよく見ています。パワフルだし、ゴールを目指せる力があります。選抜チームに入っても力を発揮してくれました」とコメントしてくれました。

<関連リンク>
TOMAS CUP第34回東京都選抜少年サッカー大会

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

育成全体のオーガナイズ

Twitter Facebook

チームリンク