「足が短い」から不合格。世界最高のフットボーラーが10歳で味わった挫折

2018年10月14日

サッカーエンタメ最前線

中盤の要としてロシアW杯でクロアチア代表を決勝戦に導き、大会MVPに輝いたルカ・モドリッチ。そんな彼は10歳の頃から有望な少年だった。しかし、憧れのクラブへの入団テストで挫折を知ることになる。その経験が世界最高峰のフットボーラーの原点となった。『ルカ・モドリッチ 永遠に気高き魂』から抜粋して紹介する。

ルカ・モドリッチ 永遠に気高き魂』から一部転載

再構成●ジュニサカ編集部 著●ビセンテ・アスピタルテ、ホセ・マヌエル・プエルタス 翻訳●江間慎一郎 写真●Getty Images


MOSCOW, RUSSIA - JULY 15:  Luka Modric of Croatia looks dejected following the 2018 FIFA World Cup Final between France and Croatia at Luzhniki Stadium on July 15, 2018 in Moscow, Russia.  (Photo by Dan Mullan/Getty Images)

ハイドゥクは子どもにとっての憧れ

 NKザダール下部組織の有望な少年だったルカ・モドリッチ、マリオ・グルグロヴィッチは、クラブの承認を得ないまま、わずか 10歳でそこを出て行った。イタリアの国際トーナメントの開催中に、ハイドゥク・スプリトのテストを受けたのだった。

 2人が有していた巨大な才能を伸ばしていくためには、NKザダールはあまりにも小さなクラブとなっていた。そうなった時点で、下すべき決断は明白なものだった。ハイドゥク・スプリトこそが、次に踏むべき一歩だったのである。

 ハイドゥクはディナモ・ザグレブと並ぶクロアチアの2大クラブの一つで、旧ユーゴスラビアでは現セルビアのレッドスター、パルチザン・ベオグラードも含めて4大クラブの一つに数えられていた。
 
 ダルマチアの子どもたちにとってハイドゥクは、フットボールをプレーし始めてからすぐに憧れを抱くチームであり、その当時には栄光の日々を過ごしていた。1994-95シーズンのチャンピオンズリーグでは、ベスト8まで到達するという最大の偉業を達成。彼らを敗退に追いやった相手は、セードルフ、クライフェルト、カヌ、リトマネン、デ・ブール兄弟を擁して、ルイ・ファン・ハールが指揮を執った同シーズン王者のアヤックスだった。
 
 ハイドゥクは、クロアチアのセンチメントの代弁者でもある。そのエンブレムに描かれた伝統的な赤白のチェス盤は、クラブが創設された1911年から存在するものだが、何年にもわたってそれを隠すことを余儀なくされた。1945年からユーゴスラビア社会主義連邦共和国の象徴として、チェス盤の代わりに赤の五芒星を置かなければならなかったのである。
 
 あのユニフォームに袖を通すという誘いは、並外れて誇らしいことであり、モドリッチ一家にとっては息子のために逃すことのできないチャンスだった。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク