ゴールキーパーの「認知-判断」を鍛えるにはどうしたらいい?

2018年11月29日

育成を考える

現代サッカーにおいて、ゴールキーパーはセービング技術だけではなく、足元の技術がより求められるようになった。正確にボールを止めて、蹴って、味方につなげる。「止める」「蹴る」といった技術を発揮するためには優れた状況判断も必要不可欠となる。「止める」「蹴る」と同時に「認知」「判断」といったサッカーに必要な能力をGKはどう鍛えていくべきなのか。ゴールキーパー専門のアカデミーで指導する武田幸生氏の言葉に耳を傾ける。

『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.49』より一部転載

取材・文●後藤勝 写真●佐藤博之、Getty Images


20171226_0906

GKに求められる「止める」「蹴る」

 1992年のルール改正でゴールキーパー(以下GK)がバックパスを手で扱えなくなって以降、サッカーの在り方が大きく変わってきている。ボールをほとんど手で扱っていたGKは、現代ではボールを足で扱うことが増え、シュートストップやクロス対応など、手を使う機会は限られたものとなった。フィールドプレーヤー(以下 FP)との差異が少なくなり、戦術的にはGKの正確なロングフィードをトップに当てることから始まる速攻、GKが最後尾のスイーパーと化してビルドアップの開始点となるなど、攻撃に組み込まれることが当然となった。
 
 このような変化に対応し、現代のGKはいかに「止める」「蹴る」をマスターすべきなのか。実際にスクールで小学生年代のGKに「止める」「蹴る」を指導している、東京・神奈川でGK専門のサッカースクールを展開するTKDGKアカデミースクールマスターの武田幸生さんに訊いた。

「以前に比べると小学生年代でもGK専門の指導を受けられる環境が整いつつはあるのですが、GKというポジションにおける『止める』『蹴る』を教わっているケースはそれほど多くはないというのが実情です。私たちの場合はGKに対し、サッカーそのものの基礎とGK専門のメニューを、年間を通してバランスよく配分するように心がけています」
 
 GKに求められる「止める」「蹴る」はFPに求められるそれと大きく変わらない、と武田さん。ただしシュートを打つ機会はめったに訪れない。自ずと「ボールを受ける」「パスをする」に重きを置くことになるという。しかし小学生年代のGKは味方からのパスを受けたところでカットされたり、まともにパスができず大きく蹴ってしまうだけに終わったり、そもそも最低限の「止める」「蹴る」ができていなかったりと、攻撃が不得手な選手が目立つ。ゴールを守ることばかりを求められ、サッカーというゲームのなかでいち選手がどう機能するかという原則を学んでいないことが原因だ。
 
 試合中のGKは、バックパスを受けて味方につなげる、ゴールキックを狙った場所に蹴る、キャッチしたボールを味方にパスする──というシチュエーションに遭遇することが多い。まずはこの状況に対応できるようにしなくてはいけない。

「たとえば右サイドバックからのバックパスをセンターバックまたは左サイドバックに配球しようと思うなら、ボールを受ける準備をしつつパスを送る場所を探し、受けたときにはどこにボールを蹴るか見極め、最後にキックの手段や強さを決めて蹴ります。FPとまったく同じ手順を踏むわけですが、ここでミスをするとすれば、技術的なものに起因するケースもありますが、判断のミスで失敗するケースもあります。この原因を見極めて短所を改善するトレーニングを実施する必要がありますね」

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

6banar

Twitter Facebook

チームリンク