指導者の「色」がはっきりしないチームはポジショニングも決まらない/倉本和昌×坪井健太郎 対談③【12月特集】

2019年01月11日

コラム

DSC_0125
【スペインサッカーに熟知し、指導者育成コーチとしても活動している倉本和昌氏(写真左)と坪井健太郎氏(写真右奥)。特集の企画を担当しているライターの木之下潤(写真右手前)】

監督がチームの方向性を示すから選手の立ち位置が決まる!

――ピッチ上で立ち位置が明確になれば、それぞれの選手がリンクしやすいですよね。それを監督が主導的に行うのか、選手任せなのかで随分違う気がします。

倉本「監督が示さないと形にすらならない気がします。自由すぎるのも難しい」

坪井「選手のレベル、カテゴリーにもよるかなと思っていて、高いレベルに行くほど選手が自立しているから、ある程度のアイディアを与えたら選手間で解決するけど、ユース年代であっても下のカテゴリー(下部リーグ)だときちんと形と決め事を作ってあげないと、自由にやっているんだけど機能しているかどうかで言えば絶対に差が出ますよね。『味方と連携するかどうか』、『相手を見ながらプレーできているかどうか』という部分には差が出ます」

――そういう部分は指導者のさじ加減になってしまいます。でも、示さないといけないものは明確に伝える必要はあると思います。

倉本「そうですよね」

――どうやって指し示すものを考えていくのか。その部分の知識は大切です。それこそ坪井さんが言った「どのモーメントを切り出して、この選手がいて、彼はこんな特徴を持っているからそれを活用してボールを運び出そう」とか、そういうものがイメージできているかどうかでかなり違ってくるのかなと思います。そういうベーシックなものをどうすれば伝えられるのかな、と。お二人はセミナーを開催する側にいます。そういった部分をどう伝えていくのかはどのように決めているんですか?

坪井「僕が意識しているのは『全体から入る』こと。日本人は、個人的な部分から入りがちです。ヨーロッパだと全体のオーガナイズから入るのが当たり前です。僕もそれを前提とするのが大切だと思うから、全体のオーガナイズから入ります。全体から入り、日本人にとってわかりやすい個の部分が融合できるように意図して話しています。

 どういうふうにサッカーの全体構造があるか。それをなんとなくでも理解した中で、各指導者のアイディアがどこにハマっていくのかを考える。ここがないと持っている情報が点で終わってしまいます。現状の日本の指導者は点と点を結んだ線くらいにとどまっているので、最終的にはそれを樹形図のようにして全体像として捉えて欲しいと考えています。

 パソコンで言えば、フォルダをクリックしていくような感じ。一つのフォルダを開くと、いろんな要素を体系化したフォルダがあって、そこからまたクリックしていくと、そこにまつわる要素のフォルダがある。そのような感じで、それぞれが項目として体系化されて、なおかつ階層が分かれているイメージです。だから、体系化されたフォルダを作らないと話を聞いている選手も、指導者が考えていることがどこに向かっているのかが一致しません。『一致しない=機能していない』という感じになります」

――倉本さんはどうですか?

倉本「ツボケンと一緒で、いつも同じです。例えば、セミナーを開いても『今日は何について話します』と、全体像を最初に言わなければわかりません。僕は体感してもらいます。講座でもやることです。二人組みを作り、一人が積み木を持っていて、もう一人が積み木で作った完成図を持っています。そして、二人の共同作業として、口だけの説明で与えられた図の通りに積み木を作らせるんです。それは、お互いに見えない状態でチャレンジさせます。

 そうすると、ほとんどの人が『三角形の端っこに、まず積み木を置いて』など細部を説明し出すんです。ある程度、みんなが形づくったところで、僕はみんなに問いかけます。

『これ、そもそも最初に何を作るかを伝えましたか?』と。

 これは何なのかを先にイメージさせた方が絶対に早いわけです。例えば、『家を作ります』と言われたら『土台と屋根があるんだな。土台はこれとこれ、屋根はこれとこれが使える』とわかりやすくイメージできます。それなのに、『三角形のものを上に置いて』といきなり説明されても、積む側は『ハア?』となります。これを一度体感すると、普段の自分の話がそうなっていることに気づきます。

 でも、積み木を使わず、私が『全体像から話しましょう』と言って口だけで伝えていっても流されてしまい、それが本当に大切なことだと気づきません。だから、実践してもらいます。『これとこれとこれが、全体を構成しています』と、まず全体を具体的に伝えてから『これとこれがこういう役目で、これとこれがああいう役目』と細かく説明していきます。

 すると、『ようするに、こういうことね』とイメージが共通しやすいんです。何を取り組んでいくのがわかりやすい。それはサッカーも同じです。ジュニサカさんで前回受けたインタビュー内容(「目指すサッカー」がない指導者が明確な言葉を子どもに伝えられると思いますか?)とも重なりますが、指導者の中で理想のサッカーがはっきりしていないんです。

 日本の指導は『どうしたい!』と伝える側がはっきりせずにモヤッとしているから、聞く側も『どこをどう直していいか、どこをどう良くしていいかもよくわからない』という状態なんです。良さそうなセミナーに行く。これはすごくおもしろそう。でも、どうやって『自分が教えるサッカー』につなげていったらいいかがわからない。そう、なってしまいっています」

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク