コラム

痩せすぎ&太りすぎにならないためにしっかりとした体重管理を! 知っておきたいオススメの食事法とは?

2017年06月30日

DSC_0356
(写真●ジュニサカ編集部)

ワンプレートにすると食べやすい!

 ワンプレートに(1皿)主食(ご飯、麺類、パン)と主菜(肉、魚、卵、大豆製品)と副菜(野菜) が入っていれば、子どもが好きな焼きそばも、肉と野菜を多めに入れることでバランスよい食事になります。その他、丼物 もオススメ。3色丼やビビンバは肉も野菜もたっぷり入っています。ご飯とハンバーグとサラダを3つの器に盛りつけるのではなく、ハンバーグ丼にすると食べやすくなりますよ。

 一方、普段と同じように食べているのに体重が減ってしまう、という場合もあります。その場合は補食でエネルギー源を補給する、補食の回数を増やす方法をオススメします。

☆体重を減らさない!オススメエネルギー補食
・バナナ  ・ふかしいも ・じゃがバター ・おにぎり ・サンドイッチ ・ホットケーキ 
・お好み焼き ・たこ焼き  ・お餅 ・みたらし団子

Washington, DC - July, 22: The rolling food truck Ficelle, which names its specialty sandwiches after famous artists, such as this roast beef sandwich named the "De Kooning" in Farragut Square, on July, 22, 2011 in Washington, DC. (Photo by Bill O'Leary/The Washington Post via Getty Images)
(写真●Getty Images)

 痩せてしまう選手がいる一方、夏になると体重が増える選手もいます。 その原因として糖分をとりすぎている場合が多いようです。朝食は菓子パン、喉が渇いたら炭酸ジュース、 練習後はアイス、夕食後にお腹が空いたらお菓子、というように、1日に何度も糖分が多いものをとっていると体重(体脂肪)が増えてしまいます。特に夏休みは、おやつを食べる時間も増えるので練習前後でお腹が空いたときに食べるものには、注意が必要です。

☆対策方法
炭酸ジュース➡オレンジジュースや野菜ジュース
アイスクリーム ➡ヨーグルト
チョコレート ➡フルーツゼリー
スナック菓子 ➡せんべい
菓子パン➡和菓子

プロフィール

森 裕子(もり・ゆうこ)

岐阜県多治見市出身、在住。名古屋女子大学家政学部管理栄養士専攻卒。97年から02年まで名古屋グランパスに在籍。専門学校トライデントにて講師としても活躍。07年1月より再び名古屋グランパスで栄養アドバイザーとして所属している。 現在は自宅でスポーツ栄養勉強会や料理教室を開催する他、食育講演などの地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。著書に『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』『小・中学生のためのジュニアサッカー お弁当バイブル』(ともにカンゼン刊)がある。公式ホームページはこちらhttp://syoku-de-smile.com/

近刊情報

『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』

ジュニアサッカーの選手たちにとって重要な「食育」の考え方とレシピを紹介。がんばる子どもの成長を『食』でサポート! 身体づくりはもちろんのこと、子どもの体質改善やココロを育むための食事レシピが満載! またFW・MF・DF・GKのポジション別レシピも掲載。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク