『第41回全日本少年サッカー大会』で輝いた15人の選手たち/ジュニサカMIP

2017年12月31日

大会情報

ディアブロッサ高田FC U-12(奈良県)

1番 押本 叶翔くん


20171226_1291

キャッチなど基本技術も高い選手でしたが、特にキックの精度が高い選手でした。ふだん練習開始前の時間や、家の近くの壁当てができるところでよくキックの練習をしていたそうです。1次ラウンドでは無失点でチームの決勝トーナメント通過に大きく貢献しました。

【選手のコメント】
どんな強豪が相手でも、無失点におさえて勝ち進むことが目標でした。予選はみんなで全員守備、全員攻撃をして無失点におさえることができてよかったです。全国大会では、ロングキックがうまくできました。ただ、ショートパスのミスが何回かあったので、そこは反省する部分です。また手の使えないところの場所に裏パスが出た時に素早い判断をして対応できるようにしたいです。日本では西川周作選手、海外ではノイアー選手のように守備範囲の広いキーパーをめざします。


 

【試合結果】第41回全日本少年サッカー大会 特設ページ【取材日記】

 


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク