「正直、レイソルは好きじゃなかった」。酒井宏樹はなぜJクラブへの進路を選択したのか

2018年06月26日

コラム
タグ:  

「アフリカ人のような身体能力をもった子どもだ」

 宏樹少年は天性のバネやバランス感覚に恵まれ、走るのも速かった。球際の激しさや鋭さももち合わせており、相手をなぎ倒してゴールに飛び出すプレーを見せることも頻繁にあった。倉持代表も彼を見れば見るほど「アフリカ人のような身体能力をもった子どもだ」と感じていた。

 それだけ光る素材をもっていても、努力しなければ才能は磨かれない。宏樹少年はクラブで熱心に取り入れられていた1対1やシュート練習、ゲームなどを通して、ひたむきにレベルアップに努めていた。

「僕は集中力に欠けるのか、リフティングは苦手だったけど、駆け引きのある1対1などはいくらやっても飽きなかったですね。やっぱり一番大事なのは試合中に何をするかだと思う。しっかりボールを止めたり、蹴ることは練習すればできるようになりますよね。小学生のときはそこまで考えていなかったけれど、そういう積み重ねが今に活きているんじゃないかな」と本人も言う。

  柏マイティーFCで上手な子どもたちに囲まれ、いいコンビネーションを築けたことも確実にプラスになった。倉持代表もこう証言する。

「彼の仲間たちはみんな上手でした。特に隣の富勢小から来ていた中盤の野崎君はスキルが高くて、ふたりのホットラインが目を引きましたね。宏樹は2トップの右に陣取り、今と同じようにサイドに流れてセンタリングを上げたり、自ら中に切れ込んでシュートを打ったりしていましたが、そのお膳立てをしたのが野崎君だった。宏樹が『人に活かされる選手』として成長していくきっかけになったのも、野崎君との出会いが大きかったのかなと思いますね」

  宏樹少年を中心に結束した柏マイティーFCは、まずまずの好成績を残した。全日本少年サッカー大会出場までは行かなかったものの、小学6年生の春、茨城県・波崎で開かれた三井カップでは千葉県内外の有力クラブが多数参戦する中で優勝。柏の二強といわれるレイソルジュニアとイーグルスに迫る勢いを見せた。

「レイソルを倒せるのはマイティーだけ」といった評判も高まり、エースFW酒井宏樹も注目されることになる。そんな少年が千葉県や関東トレセンに選ばれるのは当然のなりゆきだった。月に何度かトレセン活動も掛けもちするようになり、この頃はかなり忙しかったという。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク