「相手にとって邪魔でしかない」カンテの存在。”究極の黒子役”の原点は少年時代にあり

2018年07月12日

サッカーエンタメ最前線

ロシアW杯準決勝でべルギー代表を1-0で下し、決勝進出を果たしたフランス代表。自国開催だった1998年大会以来、20年ぶり2度目の優勝に王手をかけました。エムバペ(パリ・サンジェルマン)やグリーズマン(アトレティコ・マドリー)など若い攻撃陣の活躍が目立つなか、縁の下でフランス代表を支えているのがエンゴロ・カンテ(チェルシー)です。縦横無尽にピッチを駆け回り”究極の黒子役”として攻守に渡り活躍しているカンテの原点は少年時代にありました。

著●西部謙司 写真●GettyImages

『PERFECT SKILL パーフェクトスキル 世界トッププレーヤーの究極スキルを解説する』より一部転載


MOSCOW, RUSSIA - JUNE 26:  Ngolo Kante of France runs off the ball  during the 2018 FIFA World Cup Russia group C match between Denmark and France at Luzhniki Stadium on June 26, 2018 in Moscow, Russia.  (Photo by David Ramos - FIFA/FIFA via Getty Images)

「地球の7割は水だが、残りの3割はカンテにカバーされている」

 1990年代の半ば、パリのパルク・デ・プランスでは子どもの大会、ダノン ・カップが開催されていた。レアル・マドリー、アーセナル、サンパウロなど名門クラブのジュニアチームが参加していて、それぞれ大人のチームのミニチュア版みたいだった。

 その中で、フランスのナントは「そこまでコピーしなくても」と思えるぐらいのメンバー構成だったの
を覚えている。長身の黒人選手がプレーメーカー兼ゴールゲッター、そのエースの周囲を走り回ってサポートするもう1人の小さな少年も黒人。

 当時のナントにおけるジャフェット・エンドラムとクロード・マケレレの関係、役割、サイズ感がそっくりすぎ。背番号まで同じ。マケレレはナントからスペインへ渡り、レアル・マドリーでジネディーヌ・ジダンをはじめ銀河系の攻撃陣を支える献身的なプレーで注目された。チェルシーでは不可欠な存在として優勝に貢献した。

 エンゴロ・カンテは、マケレレとそっくりだということでカーン時代に注目され、レスター・シティへ移籍してプレミアリーグ優勝の原動力になった。

「地球の7割は水だが、残りの3割はカンテにカバーされている」

 そんなジョークが飛び交うほど、カンテの掃除人ぶりは際立っていた。パリ郊外でマリ人の両親、7人の兄弟とともに育った。カンテの生い立ちは移民家族の典型であり、同時にフランス代表になる選手の典型でもある。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク