敏捷性を高めるトレーニングで“一瞬のスピード”を身につける!

2015年04月17日

コラム

サッカーは、蹴る・走るなどいくつかの基本的なスキルを含んだスポーツ。足でボールをコントロールしながら走ったり、止まったりと、下半身にさまざまな動作を強いる競技でもあります。ボールをコントロールする能力を上げておくべきですが、試合ではボールタッチやキックにスピードが要求されます。反射神経・敏捷性などをトレーニングで養うべきでしょう。さらにスピードに加えて、正確なキック・持久力をアップさせるために、全身のトレーニングも行っていきましょう。

(構成・写真●編集部)

小・中学生のための 走り方バイブル 』より一部転載


0417走り方

サッカーは、場面展開が極めて速く、前方・斜め前・真横・後方へと運動の向きが変わり続けていきます。

相手を揺さぶっていくためにも、ただ前に速く走るだけでなく、横や斜めへの動きの変化に対応できる機敏さが求められます。

ボールを扱いながらスピードのあるプレーをして、相手を振り切ることを考えながら走ることが必要です。また守備でも、相手の動きにすばやく反応しなければなりません。

コーンを使ってサッカーに不可欠な敏捷性を獲得するトレーニングを紹介していきますので、縦から横へ切り返す動きを意識して取り組んでみてください。

トレーニング①
▼ジグザグ走(10m × 往復2回)
道具:コーン 3~4個

【練習方法】
① 左右たがい違いにコーンを置く。
② コーンの横をジグザグにすばやく走り抜ける。
p082_soccer_01

【ポイント】
カラダの軸をまっすぐに保ちながら、走り抜ける。慣れてきたら、ドリブルしながら行ってみよう。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク