プロになることがゴールじゃないでしょ?  興國・内野智章監督のブレない理念

2019年02月08日

育成を考える

興國サッカー部

Jユースか高体連かの選択

――もし海外からのオファーがあって、その選手がまだこれから3年生になって、いよいよ全国の予選というタイミングだったら、その選手を海外に出しますか?

「はい。学校の対応は分かりませんが。僕としてはOKです。結果的にそのほうが学校にもプラスがあるので。僕はJユースか高体連なら、どっちがいいというのではなく、どういう選手がユース向きで、どういう選手が高体連に向いているかと訊かれたときに答えるんですが、高体連のほうが鍛えてもらえそうなイメージがあるじゃないですか。

 ただ高体連の絶対的な問題は、高1で高3の試合に出ている選手が、高2になっても高3の試合に出ていて、高3になっても高3の試合に出ていることなんです。これは絶対にサッカー界的な目で見るとおかしいんです。日本に指導にきているイタリア人も、まったく同じことを話しているみたいで、でもJユースだと可能なんです。
 
 高1でトップまでいけるくらいまで突き抜けているのならJユースやし、そうじゃないのなら高体連だと思います。
 
 だから興國の『もうプロはこのチームにいくことを決めます』という選手には強化指定(JFA・Jリーグ特別指定選手制度)をしてもらって、インターハイがあろうが、リーグがあろうがそこに行かせるのはそれが理由です。彼らはここで高3とやるべき選手ではないので」
 
――現状の制度では、そのクラブと契約を結ぶ選手でないと、その制度を使えないですよね。でもそれって海外のクラブにいきなり行きたい選手は制度を使えないことになりますね。
 
「そうです。でも海外のクラブからすれば日本代表クラスの選手にしか興味がないですから。桐光学園の西川(潤)くんとか。海外のクラブが興味を持っている日本人選手が何人かいるので、そうであれば海外のクラブにいけるし、そうじゃなくてただ希望しているだけでは難しい。逆にそういうレベルの選手であれば、自動的にそういう環境はできてくると思います。今の日本であれば、力と運があれば海外でやれる選手はいます。
 
 もしかしたら村田(透馬/岐阜に加入)がもう少し才能を開花させるのが早くて代表にも呼んでもらえていれば、海外でやれたと思います。ただ元々がそういうレベルの選手ではなかったですから。選手権の予選で負けた日に彼が送ってきたLINEには『僕は興國でなかったら、10番にも、プロにもなれていませんでした』と書いていました」

 
 
 興国のサッカーは徹底したクローズドスキルと洗練された戦術の二本柱によって構成されています。対戦相手が『とにかくみんな上手い』と脱帽する一方で、そのテクニックに選手は溺れることなく、正しいポジションで正しい判断をしながら、最後の局面で自分の個性をキラリと発揮します。それがプロのスカウトが求めるものと合致することは、近年Jリーグに進んだ選手の数にそのまま反映されています。
 
 島国・日本ゆえに生まれてしまった育成年代の勝利至上主義。それがあくまでも日本の『偏見』に過ぎず、本来のフットボールのあり方から大きく逸脱していると興国スタイルは示しているように思えます。
 
 全国大会とは無縁でも選手は育ち、その中から世界のステージに進む選手は出てくることは可能。同時に選手の個性をいかに見抜き、育んでいけるかは指導者の力量によって大きく変わってきます。内野監督の言葉から皆さんは何を感じ取ったでしょうか?

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク