夏が来る、その前に。頭に入れておくべき対処と予防【熱中症対策まとめ】

2019年05月27日

フィジカル/メディカル

熱中症を気にしなければいけない季節が早くもやってきた。26日、北海道佐呂間町では5月の日本記録となる気温39.5度を記録。選手自身の自己管理はもちろんだが、指導者、保護者の手でプレーヤーをしっかりガードしなければならない。もはや気温の上昇は夏まで待ってくれない時代。何事も早めのレスポンスが重要ということで、熱中症の応急処置から予防策の食育まで7本のジュニサカ記事をセレクトした。

写真●ジュニサカ編集部、Getty Images


夏休み特別企画!「親子で学ぶジュニアアスリート栄養学、親子で一緒に補食・スポーツドリンク作り」参加者募集中!


 

目次
1. 【熱中症予防・応急処置】救命救急医に聞く「子どもが弱音を吐ける環境作りを」
 
2. 弁護士に聞く、熱中症対策。抑えておきたい“4つの知識”。管理者・指導者の責任は?
 
3. サッカー現場に潜む危険から守る!指導者&保護者のためのよくわかる熱中症対策
 
4. 熱中症だけじゃない! 注意したい「夏の気象災害」。豪雨の予測や雷への対処法は?
 
5. 熱中症対策だけじゃない!! 夏本番までに知っておきたい『強いカラダ』をつくるための食事ポイントとは
 
6. 夏バテ予防には”肉“がオススメ! 暑さを乗り越える「バテない食生活」の実践法は?
 
7. 土日でたまった疲労を回復!「疲れを残さない」食事メニューで全力サポート


1.【熱中症予防・応急処置】救命救急医に聞く「子どもが弱音を吐ける環境作りを」


SG USC Landhaus Austria Wien v Union Kleinmuenchen - OeFB Frauen-Bundesliga

【熱中症予防・応急処置】救命救急医に聞く「子どもが弱音を吐ける環境作りを」

炎天下で練習や試合を行えば、当然、熱中症のリスクは高まる。もちろん熱中症にならないことがベストだが、万が一、症状が出た場合の対処・処置について、熱中症に関する著書を持つ三宅康史先生(帝京大学医学部附属病院高度救命救急センター長)に話をうかがった。


2.弁護士に聞く、熱中症対策。抑えておきたい“4つの知識”。管理者・指導者の責任は?


d37d0d8624daeb682dfe2984345b489d

弁護士に聞く、熱中症対策。抑えておきたい“4つの知識”。管理者・指導者の責任は?

今夏も予想される猛暑。熱中症による事故が絶えず、それは少年サッカーの現場でも無関係ではない。そこで、日本スポーツ法学会会長であり、スポーツ事故などを専門分野とする望月浩一郎弁護士に、法的な観点からの熱中症対策について話をうかがった。


3.サッカー現場に潜む危険から守る!指導者&保護者のためのよくわかる熱中症対策


DSC_0137

サッカー現場に潜む危険から守る!指導者&保護者のためのよくわかる熱中症対策

日本列島全体がヒートアップする夏はすぐそこ。早くも熱中症の警戒が全国で呼びかけられ、熱中症は子どもたちの命にまで関わる重大な問題となっている。そこで、国立スポーツ科学センターの川原貴さんに聞いた、指導者&保護者のための熱中症対策を紹介する。


4.熱中症だけじゃない! 注意したい「夏の気象災害」。豪雨の予測や雷への対処法は?


Strong Thunderstorms Hit Las Vegas

熱中症だけじゃない! 注意したい「夏の気象災害」。豪雨の予測や雷への対処法は?

夏は天気が変わりやすい季節でもあるため、練習や試合のスケジュール、準備に四苦八苦している指導者や保護者は多いはず。そこで、気象庁の気象研究所に所属し、日夜、雲の研究を行っている荒木健太郎さんに、“夏の天気の変化と予測”という観点から話をうかがった。


5.熱中症対策だけじゃない!! 夏本番までに知っておきたい『強いカラダ』をつくるための食事ポイントとは


Muesli

熱中症対策だけじゃない!! 夏本番までに知っておきたい『強いカラダ』をつくるための食事ポイントとは

四季がある日本では夏に近づくに連れ気温は上昇していく。夏休みに入ると子どもは外で遊んだり、スポーツに取り組む時間も増えていく。命の危険もある熱中症の対応策はもちろん必要だが、暑い夏を乗り越えるためには基礎体力をつけなければならない。食事の観点から『強いカラダづくり』を管理栄養士の盛岡良行さんに解説してもらった。


6.夏バテ予防には”肉“がオススメ! 暑さを乗り越える「バテない食生活」の実践法は?


9eb59db126b11833afe3261c899d51ae

夏バテ予防には”肉“がオススメ! 暑さを乗り越える「バテない食生活」の実践法は?

暑いなか運動をすると、どうしても普段よりエネルギーの消耗は激しくなってしまう。ならば、疲労回復を助けるビタミンB1を含んだ豚肉を使った料理を意識的に摂りたいもの。“豚ミン”パワーを上手に活用して、夏でもバテない強いカラダを作る実践法とは?


7.土日でたまった疲労を回復!「疲れを残さない」食事メニューで全力サポート


e09138f4cb21332986a4ee3e8edc60e8

土日でたまった疲労を回復!「疲れを残さない」食事メニューで全力サポート

5月は試合が多いシーズン。子どもたちが試合の疲れを翌日に残さないために、家庭で食事のメニューを工夫してサポートしていきたいものだ。管理栄養士の川上えり先生に試合で失われたエネルギーをいかに効率よく補給すればいいのか、話をうかがった。


夏休み特別企画!「親子で学ぶジュニアアスリート栄養学、親子で一緒に補食・スポーツドリンク作り」参加者募集中!


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

育成全体のオーガナイズ

Twitter Facebook

チームリンク