名古屋U-18が鳥栖U-18を下し、 初優勝!! 第43回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

2019年08月01日

ジュニアサッカーニュース

 31日、味の素フィールド西が丘にて、第43回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の決勝、サガン鳥栖U-18(以下、鳥栖) vs 名古屋グランパスU-18(以下、名古屋)の試合が行われた。

 試合は開始早々に動く。2分、ペナルティエリア内でパスを受けた名古屋7番・倍井謙がDFを一人を外し、右足で豪快にシュート。これが鳥栖GKの手を弾きゴールネットを揺らした。幸先の良いスタートを切った名古屋は攻撃の手を緩めない。13分、鳥栖DFのパスミスを誘発した名古屋8番・榊原杏太がループシュートを決めて2-0。さらに32分には、7番・倍井がもう一点を追加し、3-0とした。

 攻守において試合を優位に進める名古屋に対し、鳥栖は反撃の糸口をつかめないまま前半を終えた。しかし、後半になると鳥栖はシンプルな攻撃に切り替え反撃にでる。FW17番・田中禅にボールを集めると49分、ヘディングから一点を返すことに成功。田中の空中戦の強さを生かしたシンプルな攻撃に手を焼いた名古屋。鳥栖に幾度となくゴールを脅かされるが、GK東ジョンの好セーブもあり、追加点は許さなかった。チームの守護神の活躍で、徐々に落ち着きを取り戻した名古屋が試合の主導権を握り返し、快速FW武内翠寿を中心に鳥栖ゴールに迫るが、ゴールネットを揺らすまでには至らず。試合はそのまま終了の笛を迎え、名古屋が日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会初優勝を飾った。

 相手の逆をつくスキルフルなMF陣、スピード溢れるアタッカー陣がみせる名古屋の攻撃は華やかで、風間八宏監督が率いる名古屋のトップチームのサッカーを彷彿とさせたが、大会を通じて7試合でわずか3失点と堅守を誇った守備陣の奮闘、チームとして組織されたプレッシングも目を見張るものがあった。真夏の連戦でも、最後まで攻守に躍動した名古屋の選手たちの今後の活躍に注目したい。

■第43回 日本クラブユースサッカー選手権 U-18大会 決勝 ハイライト

 
ジュニアサッカーニュース一覧はこちらから
 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

育成全体のオーガナイズ

Twitter Facebook

チームリンク