「お前なんか絶対に一流になられへん」。”努力家”本田圭佑の原点【前編】

2018年06月16日

コラム
タグ:  

本田「『人生とサッカーはイコールなんだ』っていう言葉が物凄く印象的でした」

  ここで彼が最初に教わったのは、インサイドキックだったという。

「『軸足を相手の方向に向けて蹴れ』『足を真っ直ぐ蹴り出せ』と言われたのが、強く記憶に残っています。本当に基本中の基本から始まったけれど、それってすごく大事なことですよね。試合の流れの中で基本通りにやるのは難しいもの。当たり前だけど意外にできていないですからね。摂津FCで止める蹴る、1対1といったサッカーの本質を求める練習がすごく多かったのは、自分のためになったと思います」
 
 このクラブで学んだのは、ピッチ上のことだけではなかった。サッカーに対する真摯な姿勢も強く植え付けられたと彼は言う。

「小学3年生になったとき、安田さんという監督が来たんです。その方の『人生とサッカーはイコールなんだ』っていう言葉が物凄く印象的でした。『人の嫌がることはプライベートでもするな』『人の嫌がることをしていたら人の嫌がるパスしか出せないんだ』とね。安田さんは僕がいたずらっ子だってことを耳にして、戒めるためにそう言ったのでしょう。僕自身は怒られること自体、悔しかった。『お前なんかいい選手じゃない』って言われている気がしたからね」

 これが発奮材料となり、サッカーに対する意欲は一段と高まった。3年生までは水曜日の練習に参加できない決まりになっていたのに、兄・弘幸さんに同行して強引に加わり、ミニゲームなどを通して貪欲にスキルを磨いた。学校のグラウンドが暗くなった後は明るい公園へ移動してさらにボールを蹴るくらいの熱の入れようだった。水曜日の練習に摂津FC出身の中学生も参戦することがあり、圭佑少年にとっては年長者と腕試しできる絶好のチャンス。彼は目を輝かせた。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク